京都の最新グルメ、新店情報、定番から穴場まで美味しい情報をお届け。イベントや街ネタ、気になる情報も!

木屋町御池上ル「京洛肉料理かなえ」2018年11月25日オープン

2019/02/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
京都の方、観光の方に 日々の食べ歩きオススメ 京都最新グルメ情報をアップしています。 たまに京都以外も

木屋町御池上ル「京洛肉料理かなえ」が2018年11月25日オープン!ご主人と奥さんで切り盛りするお店。若干24歳のご主人は老舗肉割烹の伝統を継承しています。また「京洛」という屋号は「京洛肉料理いっしん」さんからいただいものだとか。これは期待が膨らみます。

木屋町御池上ル東側。「割烹竹うち」の奥。牛のライトが目印。
お肉のいい匂いにそそわれるように奥へ行くと。赤い暖簾が。
店内はカウンター8席に4名テーブルが2卓。

お店に入るとご主人と奥さんが快く迎え入れてくれます。

カウンターのご主人。どしっとした姿はとても24歳には見えませんね。さすがです!
気になるメニューはこちら。刺身や焼きにコースなど肉料理が味わえます。コースはもちろんアラカルトでもOK

特に注文がなければ、まずは4800円の肉お刺身コースからスタート!

生ビールと突き出しの胡瓜浅漬け。そしてタンのお刺身。生でもいただける新鮮なタン。昆布の佃煮と一緒にいただくといい塩加減で絶妙な味わい。

食べたお皿をカウンターに置くと次の料理が出てきます。

ハツの刺身。醤油タレとネギ、からしにニンニクと一緒に。
赤身の刺身。泡醤油と卵黄を絡めて頂きます。お酒が進む。
そして良い感じに茹でられた野菜。箸休めではもったいない!
そしてローストビーフ!旨い。低温で調理されているので柔らかい。生黒胡椒でいただきます。
最後にミノの湯引き。ポン酢でいただきます。コリコリ歯ごたえ抜群。

ここまで刺身コース。4種と野菜、ローストビーフが順次出てくるシステム。もちろん生が苦手な方は焼きでも注文可能。

では次に焼き行きますよ!

大きなロース肉を目の前でカット!
注文したのは1枚ロースよりかいわれ巻き。2000円。大きなロース肉をカイワレで巻いていただきます。ロースですがあっさりいただけますね。
続いてもロース肉よりすき焼き!2000円。炙った一枚肉の下には白ご飯。たっぷり甘辛タレと卵黄でとろける旨さ。

ここまででも十分満足ですが、こちらのお店に来たからには絶対に注文してほしいタンシチューとテールスープ!この2つは必食です!

こちらタンをまるまる1本煮込んだタンシチュー1700円。肉の旨味が凝縮されたスープ。バターを乗せていただきます。

今まで食べた中でも上位に入る柔らかさ。5時間ほど煮込まれているとの事です。きめ細かくほどけるような食感です。味噌仕立ての濃厚スープとバターの甘味が口の中に広がります。

〆はテールスープ。こちらも柔らかい牛テールのコラーゲンがたっぷりと。柚子や生姜が優しい味わい。

肉はその時々で上質な黒毛和牛を仕入れているとの事で、安参直伝のカットの技術が生み出す究極の肉料理がここにあり!焼肉でもない、肉バルでもない、ここは肉料理のお店。お店もご主人もまだまだこれから、肉料理の老舗と呼ばれるお店になるであろう実力の持ち主です。

■京洛肉料理かなえ

京都府京都市中京区上樵木町500-5 ア・カーザ木屋町 アカーザ木屋町1F奥【MAP

075-256-5220

18:00~22:30

木曜休

この記事を書いている人 - WRITER -
京都の方、観光の方に 日々の食べ歩きオススメ 京都最新グルメ情報をアップしています。 たまに京都以外も

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© グッチジャパンの京都最新グルメ , 2019 All Rights Reserved.