京都の最新グルメ、新店情報、定番から穴場まで美味しい情報をお届け。イベントや街ネタ、気になる情報も!

京都修学院、とうひちの2号店「らぁ麺すぐる」2018年4月24日オープン!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
京都の方、観光の方に 日々の食べ歩きオススメ 京都最新グルメ情報をアップしています。 たまに京都以外も

京都修学院に「らぁ麺すぐる」が2018年4月24日オープン!

叡山電鉄修学院駅から徒歩1分です。

こちら京都の人気ラーメン店「らぁ麺とうひち」の2号店です。

「とうひち」とは3年前に紫竹にて開業、その後ミシュランを獲得するなど

京都を代表する人気ラーメン店です。

そんな2号店「らぁ麺すぐる」のコンセプトは豚と小麦!

ラーメンメニューは醤油、塩、味噌(昼・夜15食限定)の3種類

スープは京都丹波高原豚を贅沢に使用し、醤油と塩は清湯(チンタン)をメイン。

味噌は豚白湯スープで化学調味料は一切入っておりません。

麺は国産小麦の自家製麺!それぞれ種類が違います。

では醤油800円から実食です。

丹波高原豚の清湯(チンタン)スープに

和歌山県の野尻醤油をメインに数種類の生揚げ醤油を

ブレンドして火入れしています。

豚の旨味だけを凝縮したスープと醤油が絶妙!

かなり美味しい。

つるつる食べれるストレート麺も最高。

塩850円は丹波高原豚の清湯スープに魚介系出汁をブレンド。

塩ダレには魚介系出汁、昆布、海塩と岩塩などが入ったあっさり系です。

醤油を食べた後では少し物足りない印象。

優しいスープなので一番あっさりしています。

そして限定15色の味噌800円。

濃厚豚骨と豚清湯スープをブレンドし、

5種類の長野県信州と京都の無添加熟成味噌に海産物を加えた

味噌を加えたスープ。

麺は他とは違い、太いちぢれ麺。

味噌を溶かしながらいただく濃厚スープは絶品。

ミンチと麺が絡みなんとも言えない旨さ。

個人的には醤油と味噌をおススメします!

老若男女問わず好むラーメンではないでしょうか。

店内はカウンター8席とテーブル席が4席

場所柄子ども連れも多かったです。

■らぁ麺すぐる

075-721-6556

京都府京都市左京区山端壱町田町8-6 京福修学院マンション 1F【MAP

11:00~14:30 18:00~21:30

木曜日、第1・3水曜日休み

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
京都の方、観光の方に 日々の食べ歩きオススメ 京都最新グルメ情報をアップしています。 たまに京都以外も

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© グッチジャパンの京都最新グルメ , 2018 All Rights Reserved.