京都の最新グルメ、新店情報、定番から穴場まで美味しい情報をお届け。イベントや街ネタ、気になる情報も!

三条猪熊「立呑みおおはし」2019年7月25日オープン!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
京都の方、観光の方に 日々の食べ歩きオススメ 京都最新グルメ情報をアップしています。 たまに京都以外も

2019年も人気のキーワード「路地奥」「酒場」に加え、「立呑み」と題して、三条猪熊下ルの路地奥に「立呑みおおはし」が2019年7月25日オープン!店主さんは東京にいらっしゃったとの事で、奥さまと一緒にこの度京都の路地奥にてオープン!メニューは毎日変わるスタイルで、その日仕入れる鮮魚や野菜の旨味をシンプルに味わえる路地奥のお店。

元々「火の車」があった場所
立呑み提灯に誘われるがままに路地奥へ

店内はカウンター10席ほどに奥にはドラム缶テーブルが。立呑みと謳いつつも、席があります。ドラム缶は人数により立呑みになったりテーブルになったり使い方は様々。

カウンターにはおばんざいや京野菜、鮮魚などが所狭しと並びます。そして圧巻のメニューがこちら!毎日日替わりとの事で、その日にしか出会えないメニューが盛りだくさん。実力ある証拠です。

中でも鮮魚は自信ありとの事!
店主さん修業咲きの九州の食材や料理などもいただけますよ!

巻物のように長いメニュー!料理を選ぶ楽しみも増えますね。

まずは付きだし。甘辛く煮た手羽先

まずは頼みたいちょこっとずつ盛り(800円)はその日のおばんざい、とりあえずメニューを盛り合わせてくれます。

あじ刺し800円。その日の鮮魚は刺身で。
ツブ貝450円などのアテのレベルも高い!
箸休めの生トウモロコシ。みずみずしさが半端ない。
豚バラ長とうがらし炒め。とうがらしの主張が凄いです!
肉みそもやし650円。お酒に合う。

土の料理も野菜の旨味を感じられます。当たり前のものが当たり前に美味しく。夜中2時まで営業されているので早い時間から夜遅まで路地奥に導かれるとそこは良酒場の感動が待っている!

■立呑みおおはし

京都市中京区三条猪熊町626-1【MAP】

075-406-7201

17:00~26:00

不定休

この記事を書いている人 - WRITER -
京都の方、観光の方に 日々の食べ歩きオススメ 京都最新グルメ情報をアップしています。 たまに京都以外も

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© グッチジャパンの京都最新グルメ , 2019 All Rights Reserved.