祇園に佇む江戸前寿司の真骨頂「鮨まつもと」

   

祇園花見小路に佇む「鮨まつもと」

京都の鮨好きで知らない人はいない名店で、

2006年のオープン以来、予約の取れない人気寿司店です。

東京新橋の「鮨処しみづ」で修業後、

京都の地で独立。

今や鮨通りと呼ばれるほど、京都で江戸前寿司を根付かせています。

ではこちらからスタート。

沖縄もずくに、鮎の稚魚です。

4日ねかせた甘鯛。明石のタコ、北海道のホッキ貝。

塩と醤油でいただきます。

もうこれは日本酒ですね。

鮨まつもとさんの日本酒は伏見「松本酒造」のみ。

のどぐろです。

脂が乗っいて最高です。

いちご煮。

いちご煮とは青森八戸の郷土料理でウニやアワビがたっぷり!

あん肝。濃厚&濃厚。鮨に行く前でも満足度が高いです。

明石の鯛、昆布締めです。

まつもとさんのシャリは赤酢と塩をしっかりと利かせやや固め。

砂糖は一切使っていません。

スミイカです。まつもとさんのも大好物との事。

コハダ!なくてはならない名脇役です!

マグロ

こちらはトロと中トロの間ぐらいとの事です。

旨みがあります!

煮蛤。深い味わい。

車海老です。肉厚で甘みがあります。

ここでサヨリ。ほっとさせてくれますね。

ブリの炙り漬け。また違う味わい。

赤貝。こちらも肉厚。

いくらです。

穴子です。

かんぴょうと玉子。

デザートかと思うぐらい甘いです。

追加のなみだ巻き。

涙出るぐらい辛いですが、うまい!

それぞれのネタごとに、ひと工夫されていおり、妥協は許さない丁寧な仕事。

京都の鮨好きなら一度は行くべき店。

■鮨まつもと

075-531-2031

京都府京都市東山区祇園町南側570-123 【MAP

火曜・水曜 ランチ休み

昼のコース10000円~

夜のコース15000円~

 

 - おもてなしするならこの店, 寿司, 祇園 , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。